履歴書の書き方

この冊子「カラフル」や求人票にも目を通して、応募したい企業が決まったら、応募先企業に必ず提出する書類であり、自分の魅力を伝えるための書類であるのが「履歴書」です。
企業の方から好印象を持ってもらえるかどうかの重要な書類になりますので、どんなふうに書けばよいか、履歴書の書き方を確認してみましょう。

<履歴書の書き方マナー>

■黒のボールペンで書く  ■丁寧に書く  ■文字の大きさ・量・改行など読みやすく書く
■書き間違えたら修正液や修正テープを使わず書き直す  ■年号は西暦でも元号でもよいので統一する
※履歴書を通して自分の魅力を正確に伝えられるよう、マナーを守って書きましょう。

氏名・ふりがな・性別・生年月日

氏名は「漢字」が基本です。旧字体などは正確に記入し、ふりがなは「ひらがな」で丁寧に書きましょう。

日付

日付は記入した日ではなく、企業に提出する年月日を書きます。

写真

3ヶ月以内に撮影した証明写真を貼るのがマナーです。しっかり本人確認ができる写真で、スナップ写真やラフな服装での写真は、貼らないようにしましょう。

現住所・連絡先

都道府県から書き始め、マンション名やアパート名も記入します。番地などは「1-2-3」等と略さず、「1丁目2番地の3」と書くのが適切です。連絡先欄は、現住所以外に連絡を希望する場合に記入します。

学歴・職歴

学校名を正式名称で書きます。例えば、「○○高校卒業」ではなく、「○○高等学校卒業」と書きましょう。 アルバイト歴は職歴にはならないので書きません。

資格等

資格を取得している場合は、正式な名称で取得した年月日順に記入します。資格が何もない場合は、「特になし」と記入しておきます。また、取得した目的、理由などを面接で言えるようにしておきましょう。

趣味・特技

自分らしさをアピールできるスペースです。自分の興味のあることや得意なことを具体的に分かりやすく書きましょう。

校内外の諸活動

部活動、生徒会、ボランティア、アルバイトの経験等について記入します。役職経験などもあれば簡潔に書いておくと良いです。面接で質問されることも想定して、一生懸命活動したことや、そこから学んだこと等を語れると良いです。

志望の動機

何故この会社に入りたいのか、どんな仕事をしたいのか、さらには将来どんな風になりたいのか等を記入します。具体的な内容で意欲が伝わるように、また、その会社のどんなところに魅力を感じて就職を希望しているのかを明確に伝えるのもポイントです。

全て書き終わったら、誤字脱字がないか、しっかり確認してから提出しましょう。